水のチカラで発泡してヒトにも地球にも優しい次世代高性能断熱材“アクアフォーム” で明るい安心な生活をサポートします

menu

(有)太田建材

スカイライトチューブとは

slt-japan_new

スカイライトチューブは、 屋根面より太陽光を採光する装置です。

屋根に設置したドームレンズによって朝から夕方まで太陽光をとり込みます。

採光・集光された光は、鏡面仕上げのアルミチューブの中を乱反射しながら進み、光を室内に届けます。

取り付けは、新築時、リフォーム時はもちろん、現状の住宅、店舗、事務所等への後付けも可能です。

取り付け工事も4~5時間程度で完了します。 (1日かかる場合もあります)

 

《 下記のようなお悩みをすぐに解決致します!》

・昼間でも電灯を点けないといけない暗い部屋を明るくしたい方

・窓のない間取りで暗く、ジメッとしていてお悩みの方

・両隣の家が近くて、カーテンが開けられない。開けても薄暗いとお悩みの方

・家の中で光が入りにくく、常に薄暗い場所がある方

・自然光を取り入れて明るく健康的で快適な生活がしたい方

・電気代を節約したい方、またエコな生活をしたいと思っている方

窓のない間取りで暗く、ジメッとしていてお悩みの方 両隣の家が近くて、カーテンが開けられない。開けても薄暗いとお悩みの方 家の中で光が入りにくく、常に薄暗い場所がある方 自然光を取り入れて明るく健康的で快適な生活がしたい方 電気代を節約したい方、またエコな生活をしたいと思っている方 以前にスカイライトチューブを設置して頂いた湖陵町のO様邸です。

before after

 始めはガラス瓦を考えられておられましたが、

紫外線を97%カットするので日焼けの心配がない

夏でも室内への太陽熱の持ち込みがない

冬の結露の心配がない

という点から、スカイライトチューブを採用して頂きました。 設置後にスカイライトチューブにフタをして見ると、屋外は快晴なのにこの暗さです。 設置後は、想像以上の明るさとぬくもりのある柔らかい光に満足されたご様子でした。

about_img03

スカイライトチューブは3つのゾーンで太陽の光をお部屋までお届けします。

1.採光ゾーン

屋根の上に取付けた採光ドームが秋・冬や朝・夕の低い位置の太陽の光を効率よく採光します。 また、真夏や真上にある太陽光のギラツキを抑えたり、有害な紫外線のカット、熱の持込を抑える工夫もしっかりと出来上がっております。

2.伝導ゾーン

アルミチューブの中を光が乱反射しながら進みます。 99%超の反射率の特殊なアルミチューブが太陽の光をしっかりと必要な場所まで導いてくれます。

3.散光ゾーン

お部屋の中に出来る限り影を作らないように太陽の自然光を気持ちよく拡散します。 有害な紫外線は95%以上カットしていますので家具や畳の日焼けの心配も少なくてすみます。

 

about_img05

スカイライトチューブは、左図のようにチューブを延長することで、 2階だけじゃなく、1階のお部屋に採光することもできます。

また、図のCのようにアングルチューブを使って90度に曲げること も出来ますので、ご家庭や事務所などで照明を必要とされるほとんどの場所に太陽の自然光をお届けすることが可能です。

各ゾーンの部材も多数ご用意しておりますので、日本の家屋のあらゆる屋根に対応可能です。

室内の散光部材も多数あり、お部屋の雰囲気、使用状況などに合わせて、お選びいただけます。

台所、居間、内玄関、廊下、洗面所、トイレ、階段の踊り場など、どこでも採光ができます。

 

ところで、チューブはどこを通るのですか?

ここで、多くの方が疑問に思われるチューブについてご説明いたします。

2階への採光の場合(図のAやCのパターン)は、チューブは屋根裏に隠れています。 しかし、図のBやCのように1階へ採光したい場合、チューブは2階を通ることになります。 直径約40cmのチューブが部屋の中を通ります。(60cmのチューブもあります) そこで、これまで以下のように加工をしたり、棚を取り付けたりして、チューブを少しでもインテリアの 一部となるよう工夫をして取り付けしていますので、ご参考になさってください。

about_img06

■ 取り付けにかかる期間

取り付け工事は、通常4~5時間程度で完了します。 チューブの延長をしたり、構造が複雑な場合、それ以上かかることもありますが、 長くても1日で作業は終了します。 (1日で終わらない場合はご相談させていただきます) 取り付けは、新築時、リフォーム時はもちろん、後付けも可能です。 現在お住まいの住宅、ご利用中の店舗、事務所等への取り付けもできます。

■ 取り付けにかかる費用

屋根の形状や、自然光を室内に取り込む部屋までの距離等によって価格が大幅に左右されます。 見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合せ下さい。

■ 電気代の節約・エコ商品

おおよそではありますが、8畳から10畳の部屋の電灯を朝から晩までつけなければならいとすると、 年間の電気代は14,000円ぐらいかかるようです。 スカイライトチューブをつけると、このお部屋分の電気代のうち日中の時間帯分は必要なくなります。 また、関東の方では、1箇所のスカイライトチューブから2箇所分の明かりを取る(屋根→階段室→1階の部屋)ということをやっておられるので、アイデア次第では、もう少し電気代を削ることができるかもしれません。 ちなみに、年間110kgの二酸化炭素削減ができるエコ商品でもあります。

ご希望の方は、スカイライトチューブのカタログを無料でお送りしています。

スカイライトチューブ出雲は、スカイライトチューブの販売・施工を行う、正規の特約店です。

出雲市知井宮町の有限会社太田建材の一事業部として、太田建材内に事務局および常設展示場を設置していしています。

カレンダー

2018年7月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031